bento-君に届ける、私の愛。-

お弁当を英訳すると、bentoなんだってさ。知らなかったよ。

「愛が足りない!」と抱きつき、私をおんぶする食欲全開!女子中学生のために、お弁当を作る母の記録とその他諸々。
オシャレもカワイイも栄養価もへったくれもありません。
ふりかけは、ご飯の間に挟むと蓋に付かずに最後まで楽しめるんだよー。



スポンサードリンク   





女子 中学生 お弁当 -20170626-

f:id:jadeitek:20170626194500j:plain

 

  • 白ごはん(間にソフトふりかけ ちりめん)
  • 梅干し(私と半分こ)
  • ミニトマト(大きめ)×1
  • 卵焼き(白だし+三温糖+日本酒)
  • 牛肉とごぼうのしぐれ煮
  • いんげんのゴマ和え
  • ごまチキン(冷凍食品)×2
  • きんぴらごぼう

今日は少しご飯多めに出来た。

だって、ソフトふりかけだし。

牛肉とごぼうのしぐれ煮もあるし。

ご飯進むじゃん♪ と思って、おかずを減らしてみた。

いんげんのゴマ和えは、先週大好評だったために倍量で作ったものの、今回は少し味が濃いというクレームを頂いた。

仕方ないじゃん、目分量だし?という言い訳は通用しないらしく、減らない。

 

少しでも気に入らないと食べないっての、そろそろ辞めてくれない?

 

私が一番好きなふりかけ。

ソフトふりかけって大人になってから知ったけれど、美味しいなぁ、と思う。

 

日曜の夜にある程度の常備菜を作る様になったため、日曜の夜が本当に忙しい。

けれど、その分平日が結構楽だということに、今更ながらに気がついた。

平日の夜はメインのおかずしか作らない日もあるくらいだ。

下手したら、メインを温めるだけの日もあるほど。

この時期、汁物を嫌がる猫舌娘さんのために、汁物さえ作らないからだ。

楽だー。

 

さて。

お弁当は作っているもの、今日からテスト期間+研修で、今週はお家で食べるお弁当になりそう。

一回くらい、手抜くかなー。

 

 -以下、お弁当は全く関係ありません-

 

そういえばこの前、久々にイライラする人と遭遇した。

役所関係に、母子家庭自立支援関係の助成金の話を聞きに行ったんだけれど、

「せっかく働くなら、ワクワクするところがいいですよー」

「ワクワクしてないと私は出来ないです」

「みなさん、よく将来の話とか老後の話をされるんですけど、来るか来ないかわからない将来を心配するよりも、今楽しい方が良くないですか?」

「趣味とか好きなこととかで、仕事になりそうなこと、ないですか?」

「介護とかみなさん選ばれますけど、私身内でも出来ないなぁ」

と、さほど年齢も変わらないだろう女性から言われた。

 

いや、言っていることは大筋で正しい。

そこは認める、そうあれたら良いよね。

でも、ワクワクなんて、滅多にしないくらい現実ぶっ続けてみてるんだけど、ワクワクって何?

ワクワクさんなら知ってるけど、それとは違う?

来月の生活費があるってだけで、ホッとするけれど、それではダメなの?

 

この人の言ってることはもっともだし、理想なんだろうけれど。

『母子家庭の母親相手に仕事や助成金の話とかするの、そんなにワクワクする話?』

っていう素朴な疑問。

ってか、母子家庭の母親相手になんてこと話する人を選択してんだよ、お役所よ…。

私もこの女性も、相等下衆だ。

食べてくれて、ありがとう。